芸能人・経営者のおくやみ情報

奈良岡正夫 氏(ならおかまさお)

画家[日本]

(娘は女優・奈良岡朋子)

2004年 5月5日 死去享年102歳

奈良岡 正夫(ならおか まさお、本名:奈良岡政雄、1903年(明治36年)6月15日 - 2004年(平成16年)5月5日)は、日本の洋画家。
女優・奈良岡朋子の父である。
青森県中津軽郡豊田村(現弘前市)出身。
社団法人日展参与、社団法人示現会会長を務めた。
初入選が40歳前と遅咲きの作家。
戦時中は従軍して戦争記録画を制作したが、戦前の作品は、ほとんどが所在不明となっている。
戦後は、放牧されている牛や山羊、青森のねぶた、奥入瀬などを題材に描いた。
感銘、影響を受けた本として、倉田百三の「出家とその弟子」を挙げている。
1903年(明治36年) 青森県弘前市生まれ。
1925年(大正14年) 上京。
1941年(昭和16年) 白日会展入選。
1943年(昭和18年) 仁科展、独立展等に入選。
1944年(昭和19年) 文展に入選。
1946年(昭和21年) 第1回日展に初入選。
1947年(昭和22年) 「示現会」の創立会員。
1979年(昭和54年) 日展参与。
註釈 参考文献 青森県環境生活部県民文化課県史編さんグループ編 『近現代の美術家』 青森県(青森県史叢書)、2012年3月15日、77頁。

1903年6月15日〜2004年5月5日 日本の洋画家。本名は奈良岡政雄。青森県出身。 社団法人日展参与や社団法人示現会会長などを歴任した人物である。また、女優の奈良岡朋子の父親としても知られている。 (引用元 Hatena Keyword)

「奈良岡正夫」と関連する人物(故人)