芸能人・経営者のおくやみ情報

渡辺義雄 氏(わたなべよしお)

写真家[日本]

2000年 7月21日 死去享年94歳

渡辺 義雄(わたなべ よしお、1907年4月21日 - 2000年7月21日)は写真家である。
戦前はライカなどの小型写真機を駆使したスナップ写真で著名となった。
フリーランスとなってからは、対外宣伝グラフ誌『NIPPON』に参加。
また国際文化振興財団や木村伊兵衛らの中央工房に関係した国際報道写真協会で活躍。
報道写真家の草分けとなる。
戦後には大型カメラを使用する建築写真界の第一人者、そして優れた写真教育者となった。
写真家としては日本唯一の文化功労者。
三条市名誉市民。
人物・来歴 新潟県南蒲原郡三条町(現在の三条市)に呉服商の家に生まれる。
1925年小西写真専門学校(のちの東京写真専門学校)に入学。
在学中より『写真月報』に作品を発表。
1928年東京写真専門学校(現東京工芸大学)卒業。
6年間「オリエンタル写真工業」(「オー社」、現在のサイバーグラフィックス)にエンジニアとして勤務。
1930年木村専一の「新興写真研究会」に参加。
ドイツの新しい写真表現である新即物主義に強い影響を受ける。
1931年オリエンタル写真工業宣伝部所属となり『フォトタイムス』で撮影、編集に携わる。

【わたなべよしお】 写真家。新潟県生れ。1925年上京,小西写真専門学校(後に東京写真専門学校,現・東京工芸大)に学ぶ。1928年同校を卒業後,オリエンタル写真工業写真部に入社。1931年より宣伝部に移り,《フォトタイムス》誌の編集に関わる。同誌上で1932年から《カメラウヮーク》シリーズの連載を開始。レビューや浅草の風俗など,都市の生態をとらえたスナップ・ショットで注目される。また,このころより,代表作の〈お茶の水駅〉(1933年)などに見られる,近代建築の幾何学的な構成美をとらえた作品で頭角を現した。写真集に《伊勢――日本建築の原形》(1962年),《宮殿》(1969年),《伊勢神宮》(1973年)などがある。作家活動とともに,ことに戦後は写真関連の団体で要職につき,日本写真界振興のために尽くした功績も大きい。1990年―1995年,東京都写真美術館初代館長を務めた。 (引用元 コトバンク)