芸能人・経営者のおくやみ情報

マルキス・キド 氏Markis Kido

男子バドミントン選手[インドネシア]

2021年 6月14日 死去心臓発作享年38歳

 - ウィキペディアより引用

マルキス・キド (Markis Kido、1984年8月11日 - 2021年6月14日)はインドネシアの男子バドミントン選手。
ジャカルタ出身。
主にヘンドラ・セティアワンとペアを組み男子ダブルス種目で活躍。
2007年世界選手権男子ダブルス決勝で韓国の鄭在成・李龍大を2-0で破り世界チャンピオンとなる。
2008年北京オリンピック男子ダブルスの決勝では中国の蔡贇・傅海峰を2-1で降して優勝。
2021年6月14日、心臓発作で死去。
36歳没。

関連作品

マルキス・キドさんが亡くなってから、127日が経ちました。