芸能人・経営者のおくやみ情報

インゲ・ボルク 氏Inge Borkh

声楽家・ソプラノ歌手[ドイツ]

2018年 8月26日 死去享年102歳

インゲ・ボルク - ウィキペディアより引用

インゲ・ボルク(Inge Borkh, 1921年5月26日 - 2018年8月26日)は、ドイツ出身のソプラノ歌手。
マンハイムにインゲボルク・ジーモン(Ingeborg Simon)として生まれる。
ウィーンのブルク劇場のラインハルト・セミナーに参加して演劇の勉強をしたが、ミラノで声楽を学んで歌手への道を歩むようになった。
1940年にルツェルンでヨハン・シュトラウス2世の《ジプシー男爵》のツィプラ役でデビューを飾った。
1952年にバイロイト音楽祭で《ニーベルングの指輪》にジークリンデ役として出演。
1955年にエレーデ指揮でデル・モナコ、テバルディを相手にプッチーニ《トゥーランドット》のタイトル・ロールを録音。
1958年にはリヒャルト・シュトラウスの《サロメ》でメトロポリタン歌劇場に初登場している。
1973年にオペラ歌手としての活動を終えて舞台女優に転身し、キャバレー・シンガーとしても舞台に立った。

関連作品

インゲ・ボルクさんが亡くなってから、5年と297日が経ちました。(2123日)

「インゲ・ボルク」と関連する故人