芸能人・経営者のおくやみ情報

リリアン・タッシュマンLilyan Tashman

女優[アメリカ]

1934年 3月21日 死去がん享年39歳

 - ウィキペディアより引用

リリアン・タッシュマン(Lilyan Tashman、1896年10月23日 - 1934年3月21日)は、アメリカ合衆国のヴォードヴィル、ブロードウェイ、映画女優。
皮肉屋の悪女や執念深い仇役としての、脇役の出演で知られる。
ハリウッドで66本の映画に出演し、スーパースターの地位こそ得られなかったものの、その演技は「鋭く巧みで何10年もの間、殆ど古びていない」と評価されている。
金髪、長身痩躯、妖艶な容貌、ハスキーな声のタッシュマンはニューヨークでフリーランスのファッション・美術モデルとして働いていた。
1914年には経験豊かなヴォードビリアンになっており、1916年から1918年にかけてジーグフェルド・フォリーズに出演した。
1921年に映画『経験(英語版)』で銀幕デビュー、その後10数年間に亘り数多くのサイレント映画に出演。
ハスキーで低音の歌声のお陰で、トーキーへの移行を容易く果たす事ができた。
1914年にヴォードビリアンのアル・リー(英語版)と結婚したが、1921年に離婚。
1925年にエドマンド・ロウ(英語版)と結婚、彼女の持ち衣装と贅沢なパーティーが話題となった。
1934年3月21日、ニューヨークで癌により37歳で死去。
最後の出演映画『Frankie and Johnny』は1936年に遺作として公開された。

関連作品