芸能人・経営者のおくやみ情報

トルビョルン・ベリマンTorbern Olof Bergman

化学者、鉱物学者[スウェーデン]

(化学種にアルファベットをつけた)

1784年 7月8日 死去享年50歳

 - ウィキペディアより引用

トルビョルン・ベリマン(Torbern Olof Bergman、1735年3月20日 - 1784年7月8日)は、スウェーデンの化学者、鉱物学者である。
化学的親和性の当時としては最大の表が掲載された1775年に出版した Dissertation on Elective Attractions の著者として知られる。
化学種(元素、イオンなど)にアルファベットをつけた化学者である。
Katrineberg に生まれた。
ウプサラ大学で学び、1758年に博士号を得た。
物理学と数学の講師を務めたあと、化学の教授となった。
定量分析の発展に貢献し、化学的性質と外観による鉱物の分類の手法を発展させた。
金属、特にビスマスとニッケルの研究で知られる。
1771年にジョセフ・プリーストリーに4年遅れて人工的な炭酸水を作る方法を発明した。
白亜(炭酸カルシウム)に硫酸を反応させることによって、炭酸水を作成した。
有名な化学者となったカール・ヴィルヘルム・シェーレに財政的支援を与えたことでも知られ、シェーレがベリマンの最大の発見であったと言われることもある。
1764年にスウェーデン科学アカデミーの会員に選ばれた。