芸能人・経営者のおくやみ情報

原民喜(はらたみき)

詩人作家[日本]

1951年 3月13日 死去自殺享年47歳

原民喜 - ウィキペディアより引用

原 民喜(はら たみき、1905年〈明治38年〉11月15日 - 1951年〈昭和26年〉3月13日)は、日本の詩人、小説家。
広島で被爆した体験を、詩『原爆小景』(1950年)や小説『夏の花』(1947年)等の作品に残した。
縫製業を営む裕福な家庭の五男に生まれた。
慶大英文科に進み、ダダイズムの影響を受けた詩を発表する一方、左翼運動にも一時近づく。
卒業後の翌年、掌編小説集『焔』(1935年)を自費出版。
「三田文学」などに短編小説を発表するなど創作盛んであった。
妻が病死した悲しみも創作への原動力となる。
郷里広島に疎開中に被爆。
以降体調すぐれない中、「このことを書きのこさねばならない」という強い信念のもと、被爆体験を綴った。

関連作品

原民喜が亡くなってから、73年と124日が経過しました。(26787日)