芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャック・シャルルJacques Alexandre César Charles

発明家物理学者[フランス]

1823年 4月7日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

ジャック・アレクサンドル・セザール・シャルル(Jacques Alexandre César Charles, 1746年11月12日 - 1823年4月7日)はフランスの発明家、物理学者、数学者、気球乗り。
1783年8月、ロベール兄弟と共に世界で初めて水素を詰めた(有人)気球での飛行に成功。
同年12月には有人気球で高度約1,800フィート(550メートル)まで昇った。
モンゴルフィエ兄弟の熱気球に対して、シャルルのガス気球は Charlière と呼ばれた。
シャルルの法則は気体を熱したときの膨張の仕方を示したもので、ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックが1802年に定式化したが、ゲイ=リュサックは公表されていないジャック・シャルルの業績を参照してシャルルの法則と名付けた。
1793年、科学アカデミー会員に選ばれ、間もなくフランス国立工芸院の物理学教授となった。