芸能人・経営者のおくやみ情報

アントニオ・パチノッティAntonio Pacinotti

物理学者文学者[イタリア]

1912年 3月24日 死去享年72歳

アントニオ・パチノッティ(Antonio Pacinotti、1841年6月7日 - 1912年5月22日) はイタリアの物理学者、直流発電機の発明者である。
ピサ大学の物理学の教授である。
直流発電機の発明者として知られる。
1865年に発表したIl Nuovo Cimentoの論文のなかで発表した。
リング状の電機子のまわりに導線をまく構造を考案し、これは従来のものよりも安定した直流がえられた。
この装置は電動機としても用いることができることも見出した。
1862年のスウィフト・タットル彗星(109P/Swift-Tuttle)の発見者のひとりである。
典拠管理 BNF: cb16274343v (データ) GND: 116021543 ICCU: IT\ICCU\CAGV\017523 ISNI: 0000 0000 6142 1248 LCCN: no2008042564 NTA: 158395190 SUDOC: 16652753X VcBA: 495/198957 VIAF: 40119496 WorldCat Identities: lccn-no2008042564 この項目は、物理学に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:物理学/Portal:物理学)。
この項目は、科学者に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝/Portal:自然科学)。
「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=アントニオ・パチノッティ&oldid=67848045」から取得 カテゴリ: イタリアの物理学者ピサ大学の教員ピサ出身の人物1841年生1912年没隠しカテゴリ: BNF識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ICCU識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されてい ……