芸能人・経営者のおくやみ情報

川崎敬三 氏(かわさきけいぞう)

俳優タレント司会者[日本]

2015年 7月21日 死去享年83歳

川崎 敬三(かわさき けいぞう、1933年〈昭和8年〉7月1日 - 2015年〈平成27年〉7月21日)は、日本の俳優、司会者、タレント。
本名:陶山 惠司(すやま やすじ)。
神奈川県川崎市出身。
芝浦工業大学高等学校卒業。
俳優としては、現代劇を中心に二枚目スターとして多くの映画に主演した。
のち、テレビ番組「アフタヌーンショー」の司会に転じる。
来歴[編集] 1954年、大映より『こんな奥様見たことない』で映画デビューする。
1957年の『哀愁列車』が初の主演作となる。
この年、川口浩の運転する車に同乗し事故に遭い怪我をした。
1965年には、東京放送(TBS、現・TBSテレビ)のテレビドラマ『サザエさん』では、フグ田マスオ役を演じた(サザエ役は江利チエミ)。
1968年、てんぷくトリオの伊東四朗がNHK大河ドラマ「天と地と」出演のため、「川崎競輪」の芸名で、三波伸介・戸塚睦夫とともに出演した。
1971年に大映が倒産するとテレビドラマを中心とした活動に移るが、1974年には俳優活動を縮小し、1985年までNETテレビ→テレビ朝日「アフタヌーンショー」の司会を11年にわたって務めた。
1980年代初めには、番組内で川崎に対してレポーターの山本耕一が発する「そ〜なんですよ川崎さん」というフレーズが、当時人気の漫才コンビザ・ぼんちのネタとして使われた。
しかし、1985年に番組でのやらせリンチ事件が発覚し、打ち切りとなる。
1987年に「新・アフタヌーンショー」がスタ ……

関連作品

川崎敬三さんが亡くなってから、9年と5日が経ちました。(3292日)