芸能人・経営者のおくやみ情報

石津謙介 氏

ファッションデザイナー[日本]

2005年 5月24日 死去享年95歳

石津謙介 - ウィキペディアより引用

石津 謙介(いしづ けんすけ、1911年10月20日 - 2005年5月24日)は、20世紀に活動した日本のファッションデザイナー。
「ヴァンヂャケット(VAN)」の創業者。
高度経済成長期にあたる1960年代の日本に登場した男性ファッション「アイビールック」の生みの親で、“メンズファッションの神様”と呼ばれた。
日本メンズファッション協会最高顧問。
岡山県岡山市出身。
岡山師範学校附属小学校から旧制第一岡山中学(現・県立岡山朝日高校)を経て、明治大学商科専門部に入学。
スポーツ万能であるとともに流行の先端をいく遊びに長け、明大在学中はオートバイ・クラブ、自動車部、航空部などを創部した他、ローラースケート、乗馬、水上スキーなどにも興じた。
また、現在の金額にして約40万円程度にもなる背広を誂え、当時最先端の流行・風俗を楽しむという学生生活を送った。
明大卒業後は実家の紙問屋の経営を引き継ぎ、グライダーの教官などもしていたが、ファッションへの造詣が深く、当時の中華民国・天津で服飾関連の仕事に従事した後、戦後はファッションメーカー・レナウンに勤務。

関連書籍

いしづ-けんすけ 1911-2005昭和後期-平成時代の服飾デザイナー,評論家。明治44年10月20日生まれ。昭和26年男性衣服専門のヴァン・ヂャケットを設立。「アイビールック」を提唱し,若者のファッションをリードしてVANの商号を世にひろめたが,53年倒産。以後は服飾のプロデュースや評論,講演などで活躍した。29年雑誌「男の服飾読本」(のちの「メンズ・クラブ」)の創刊にかかわるほか,「男の服装戦略」などおおくの著書がある。平成17年5月24日死去。93歳。岡山県出身。明大卒。 (引用元 コトバンク)

「石津謙介」と関連する人物(故人)