芸能人・経営者のおくやみ情報

ゲオルク・シュタールGeorg Ernst Stahl

化学者[ドイツ]

1734年 5月24日 死去享年75歳

 - ウィキペディアより引用

ゲオルク・エルンスト・シュタール(独: Georg Ernst Stahl, 1659年10月22日 - 1734年5月24日 )は、ドイツの化学者・医師である。
アンスバッハ生まれ。
イェーナ大学で医学を学び1683年卒業。
1687年、ザクセン=ヴァイマル伯ヨハン・エルンスト3世(en)の侍医となる。
1694年から1716年までハレ大学の医学部教授を務め、その後ベルリンでプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム1世の侍医となった。
ベルリンで死去。
あらゆる可燃性物質の中には「燃える土」という元素が含まれ、燃焼はこれが他の物質と分離する現象である(フロギストン説)ということを提唱したが、これはヨハン・ベッヒャーの持論を発展させたものである。
フロギストン説は後にアントワーヌ・ラヴォアジエが間違いだということを証明した。
また、発酵に関しては約1世紀半後ユストゥス・フォン・リービッヒが展開したのと同様の説を唱えた。
医学においては、ヘルマン・ブールハーフェらの唯物論的立場に対して、アニミズム的体系を公言した。
また生気論を唱え、生気によってしか無機物を有機物に合成できないとした。
彼の著作で重要なものとしてフロギストン説を展開している Zymotechnia fundamentalis sive fermentalionis theoria generalis (1697) がある。
他にSpecimen Becherianum (1702)、Experimenta, observationes, aniniadversiones ... chymicae et physicae (1731)、Theoria medica vera (1707)、Ars sanandi cum expectalione (1730) などの著作がある。

関連作品

「ゲオルク・シュタール」と関連する故人