芸能人・経営者のおくやみ情報

豊田英二 氏(とよだえいじ)

元トヨタ自動車社長[日本]

2013年 9月17日 死去心不全享年101歳

豊田英二 - ウィキペディアより引用

豊田 英二(とよだ えいじ、1913年9月12日 - 2013年9月17日)は、日本の実業家。
正三位。
勲等は勲一等旭日大綬章。
豊田佐吉の甥。
トヨタ自動車工業株式会社社長(第5代)、トヨタ自動車株式会社会長(初代)、同社名誉会長(初代) 、同社最高顧問(初代)、社団法人日本自動車工業会会長(第2代)、財団法人トヨタ財団理事長(初代)、学校法人トヨタ学園理事長(初代)、学校法人トヨタ東京整備学園理事長(初代)などを歴任した。
石田退三と共に「トヨタ中興の祖」と呼ばれている。
来歴・人物 愛知県西春日井郡金城村(現・名古屋市西区堀端町)に豊田平吉の二男として生まれた。
平吉は明治の末期に兄佐吉から独立、織機を据えて布を織る工場を持った。
愛知県立第一中学校、第八高等学校(現・名古屋大学)を経て、1936年に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業。
豊田自動織機に入り、自動車部に配属され、東京市本郷区曙町(現本駒込)の豊田喜一郎宅に下宿し、豊田自動織機製作所自動車部芝浦研究所に勤務した。

関連書籍

実業家。トヨタ自動車工業株式会社社長、会長、最高顧問、社団法人日本自動車工業会会長などを歴任した。1913年9月12日、愛知県西春日井郡金城村に織物実業家・豊田平吉の二男として生まれる。現トヨタグループの基礎を築いた豊田佐吉は伯父。36年、東京帝国大学工学部機械工学科を卒業後、豊田自動織機製作所に入社。翌年、トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)の分離独立に伴い転籍した。45年、同社取締役に就任。常務、専務を歴任し、67年10月、社長に就任。以降、82年6月まで社長を務め、トヨタの代名詞ともなった生産革新「カンバン方式」の確立に携わり「トヨタ中興の祖」と呼ばれた。82年、豊田章一郎に社長職を譲り会長となる。92年、会長を退任、名誉会長となる。94年、米国自動車殿堂入り。95年、イギリス機械学会よりジェームズ・ワット国際金賞を受賞。99年、米国の週刊誌「タイム」で「今世紀もっとも影響力のあったアジアの20人」の1人に選出された。99年以降、同社最高顧問。83年に勲一等瑞宝章を、90年に勲一等旭日大綬章を授賞。2010年2月より体調を崩し、13年9月17日、心不全で死去。享年100。 (2013-9-19) (引用元 コトバンク)