芸能人・経営者のおくやみ情報

ピア・アンジェリPier Angeli

女優[イタリア]

1971年 9月10日 死去オーバードーズ享年40歳

ピア・アンジェリ - ウィキペディアより引用

ピア・アンジェリ(Pier Angeli、1932年6月19日 - 1971年9月10日)は、イタリアの女優。
本名はアナ・マリア・ピアンジェリ(Anna Maria Pierangeli)。
二卵性双生児の妹のマリサ・パヴァンも女優(ジョン・フォード監督『栄光何するものぞ』1952年でデビューし、俳優ジャン=ピエール・オーモンと結婚した)。
来歴[編集] 1954年 1954年11月、ヴィック・ダモーンと結婚。
サルデーニャ島のカリャリ出身。
16歳のときにイタリア映画でデビュー。
とくに1950年の『明日では遅すぎる』(主演)ではイタリア映画のネオ・レアリスモ運動の大きな原動力となったこの作品の評価と商業的成功に多大に貢献、これが1950年代の米国進出(MGMと契約)のきっかけとなる。
MGMではポール・ニューマンの『傷だらけの栄光』(当初はジェームズ・ディーン主演の予定だった)でヒロインを演じるなど清純派女優としてハリウッドで活躍した。
それ以降はイタリアを中心にヨーロッパ映画に出演。
カーク・ダグラスの自伝によると、ダグラスとピアは1953年制作の映画『三つの恋の物語』(オムニバス映画で第3話「均衡」)で出会い、1950年代前半に婚約していたという。
その後、『エデンの東』を撮影中だったディーンと恋に落ちるが、ピアの母親の反対(アンジェリ家はローマ・カトリックだったがディーンはカトリックでなかったことが原因だったといわれる)などもあって短期間で別れたことは有名。
ディーンと別れた翌 ……

推定関連画像

ピア・アンジェリが亡くなってから、52年と316日が経過しました。(19309日)