芸能人・経営者のおくやみ情報

桜井センリ 氏(さくらいせんり)

ミュージシャン、コメディアン、俳優[日本]

2012年 11月10日 死去享年87歳

桜井 センリ(さくらい センリ、1926年3月20日 ※(公称は1930年3月20日) - 2012年11月10日)は、日本のミュージシャン、コメディアン、俳優。
本名・桜井 千里。
ワタナベエンターテインメント所属。
経歴・人物 公式プロフィール上では1930年生まれとなっているが、実際は1926年生まれ。
これはクレイジー・キャッツの他のメンバーとバランスをとるためだといわれている(最年少の安田伸は1932年生まれ)。
その結果、旧制中学の後輩である石橋エータロー、犬塚弘より年少ということになってしまっている。
旧名・桜井 ヘンリーとして父の赴任地のイギリスロンドンに生まれ、3歳までその地で育つ。
いわゆる帰国子女。
父は日本人会の代表幹事。
日本に帰国後、千里と改名したとも言われるが、本名はもともと桜井千里だったとする資料もある。
西巣鴨第三尋常小学校に入学し、4年生から東京音楽学校付属上野児童音楽学園へ通いクラシックピアノを習う。
暁星中学校を経て、早稲田大学第一政治経済学部に入学。
大学2年のとき「サンバレー・スイング・バンド」というグループからピンチヒッターを頼まれ、のち正式に加入してジャズピアニストとしての活動を開始。

ジャズ、コミックバンド「クレージーキャッツ」のメンバーで、俳優、コメディアンの桜井センリ(さくらい・せんり、本名千里=せんり)さんが10日死去した。86歳だった。葬儀の日取りなどは未定。 警視庁牛込署によると、11日夜、近所の住人からの通報で、自宅で倒れている桜井さんを発見した。外傷などはなく病死とみられるという。 英ロンドン生まれ。早大在学中からジャズピアニストとして活動。中退後、「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」などを経て、「ハナ肇とクレージーキャッツ」に加入した。コメディアン、俳優業にも進出。テレビバラエティー「シャボン玉ホリデー」や、「ニッポン無責任時代」をはじめとする一連のクレージー映画、「男はつらいよ」シリーズ、ドラマ「前略おふくろ様」など多彩な作品に出演し、軽妙からシリアスまで幅広い役柄をこなした。2006年の映画「待合室」が最後の出演作となった。  クレージーキャッツのメンバーでは現在、犬塚弘さんが俳優として活躍している。

関連作品