芸能人・経営者のおくやみ情報

畠山義就(はたけやまよしなり)

守護大名[日本]

(延徳2年12月12日没)

(ユリウス暦) 1491年 1月21日 死去

畠山 義就(はたけやま よしひろ/よしなり)は、室町時代後期から戦国時代前期の武将、守護大名である。
河内・紀伊・山城・越中守護。
足利氏(足利将軍家)の一門にて室町幕府の三管領家の1つである畠山氏出身。
父は管領畠山持国、母は側室。
幼名は次郎、初名は義夏(よしなつ)。
子に修羅、義豊(基家)。
猶子に政国。
家督相続を巡って、従兄弟の畠山弥三郎・政長一派と対立、応仁の乱を引き起こす。

関連作品