芸能人・経営者のおくやみ情報

山遊亭金太郎 氏(さんゆうていきんたろう)

落語家・三代目[日本]

2019年 9月17日 死去急性骨髄性白血病享年64歳

山遊亭 金太郎(さんゆうてい きんたろう)は落語の名跡。
当代は3代目。
初代山遊亭 金太郎 - 3代目三遊亭金馬門下。
人気講談師5代目一龍斎貞丈の実弟。
早世した。
2代目山遊亭 金太郎 - 2代目桂小南の前座名。
初代の弟弟子(3代目三遊亭金馬門下)。
本名:谷田 金次郎。
3代目山遊亭 金太郎(さんゆうてい きんたろう、1956年6月4日 - )は山形県小国町出身の落語家。
落語芸術協会所属。
本名:佐藤敏弘。
出囃子は『金太郎童謡』。
愛称は大柄だけに「落語界の中村吉右衛門」。
自衛隊勤務を経て、 1978年2月 - 2代目桂小南に入門、前座名は南てん。
1982年9月 - 二つ目昇進、師匠の前名、山遊亭金太郎に改名。
1991年9月 - 真打昇進。
得意ネタ ぜんざい公社 ねずみ穴 肝つぶし 弟子 山遊亭くま八(元2代目快楽亭ブラック門下で正日→ブラ淋) 外部リンク 公式サイト 出典 諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編『古今東西落語家事典』平凡社、ISBN 458212612X。

「山遊亭金太郎」と関連する人物(故人)