芸能人・経営者のおくやみ情報

陸直次郎(くがなおじろう)

作家[日本]

1944年 8月11日 死去享年47歳

陸 直次郎(くが なおじろう、1898年1月12日 - 1944年8月11日)は日本の作家。
本名は野沢嘉哉(のざわ よしや)。
東京府東京市本郷区(現・東京都文京区)本郷出身。
人物[編集] 早稲田大学文科中退。
中央新聞、時事新報、萬朝報、読売新聞に勤務。
妻の清子は直次郎と死別した後、弁当屋の経営を経て小唄の師匠に転向、堀小代清の芸名で活動した。
息子は4人おり、三男はクラブ馬主「東京ホースレーシング」創業者で野沢直哉と、その弟で声優・俳優・演出家の野沢那智、孫にお笑いタレントの野沢直子(直哉の娘)、クリエイティブディレクターの野澤直龍(直哉の息子)、声優・俳優の野沢聡(那智の息子)、曾孫に格闘家の真珠・野沢オークレアー(直子の娘)。
1944年8月、心臓発作により死去。
息子達を連れて川に釣りに行った際、直哉が川に落ちたのを助け出した直後だったとされる。
代表作品[編集] 平手造酒 千両胴 眼玉の藤太 殴られた河内山 鉄火二筋道 袁玄洞夜話 憎悪 仁侠真鶴音頭 開化悲聞 男の道 仁義ひとすじ道 天竜しぶき 脚注[編集] [脚注の使い方] 注釈[編集] ^ 直哉が次男、那智が三男と記載している資料もある。
出典[編集] ^ “私が会った若き日の野沢那智さん”. 日本記者クラブ. 2024年3月28日閲覧。
^ a b 日刊ゲンダイ 編『社長の私生活4』東都書房、1983年、46 - 47頁。
  ^ a b c 『経済往来』2月号、経済往来社、1989年2月、162頁。
  「https://ja.wik ……

陸直次郎が亡くなってから、79年と348日が経過しました。(29203日)

「陸直次郎」と関連する故人