芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・ゴットフリート・ガレJohann Gottfried Galle

文学者[ドイツ]

1910年 7月10日 死去享年99歳

 - ウィキペディアより引用

ヨハン・ゴットフリート・ガレ(Johann Gottfried Galle, 1812年6月9日 ザクセン・アンハルト州グレーフェンハイニヒェン近郊ラディス - 1910年7月10日)はドイツの天文学者。
ベルリン天文台で学生のハインリヒ・ルイス・ダレストとともに1846年9月23日に初めて海王星を観測し、これが新惑星であることを確認した。
海王星の観測にあたっては、捜索領域を決定するためにユルバン・ルヴェリエの計算を用いた。
ガレは1835年、ベルリン天文台の完成後すぐにヨハン・フランツ・エンケの助手として働き始めた。
1851年に彼はブレスラウ(現在のポーランド・ヴロツワフ)に移り、ブレスラウ大学の天文学教授とこの地の天文台の台長に就任した。
ガレは生涯を通じて彗星を研究し、1894年に、息子のアンドレアス・ガレとともに、414個の彗星のリストを発表した。
ガレ自身も、1839年12月2日から1840年3月6日までの短い期間に3個の彗星を発見している。
また、小惑星の視差が太陽系の距離決定に使えることを指摘した。
小惑星の視差による距離決定はガレの死後20年目に実現している。

「ヨハン・ゴットフリート・ガレ」と関連する故人