芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード・ヤン 氏Edward Yang

映画監督[台湾]

2007年 6月29日 死去享年61歳

エドワード・ヤン(Edward Yang / 楊德昌、1947年11月6日 - 2007年6月29日)は台湾の映画監督・脚本家。
生涯 1947年、上海に生まれ、2歳のときに家族で台北に移住した。
ロックと手塚治虫に影響されて育った。
台湾の国立交通大学で電気工学を学び、次いでフロリダ大学で計算機工学の修士号を所得したが、やがて映画製作に興味を持ち南カリフォルニア大学に入学。
しかしすぐに中退し、しばらくアメリカで電気関係の仕事についていた。
1981年に台湾に帰国後、日本を舞台とした余為政監督のデビュー作『一九〇五年的冬天』で脚本と製作助手を担当し、映画界入り。
同年、シルビア・チャンが企画したテレビドラマ・シリーズ『十一個女人』の1話「浮萍」の監督に起用され、1982年に新人監督4人によるオムニバス映画『光陰的故事』の第2話「指望」で映画監督デビュー。
1983年、初長編映画『海辺の一日』でヒューストン映画祭グランプリを受賞。
以後、1985年に『幼馴染み タイペイ・ストーリー』、1986年に『恐怖分子』、1991年に『牯嶺街少年殺人事件』、1994年に『エドワード・ヤンの恋愛時代』、1996年に『カップルズ』を監督。