芸能人・経営者のおくやみ情報

フランソワ・セベール 氏Albert François Cévert Goldenberg

レーシングドライバー[フランス]

1973年 10月6日 死去レース中の事故享年30歳

フランソワ・セベール - ウィキペディアより引用

アルベール・フランソワ・セベール・ゴールデンベール(Albert François Cévert Goldenberg, 1944年2月25日 - 1973年10月6日)は、フランス人の元F1ドライバー。
フランスでは「フランスのジェームズ・ディーン」と呼ばれている。
F1デビューまで パリで産まれた。
7、8歳の頃、父親のももの上で運転を覚える。
その頃に姉のジャクリーヌが紹介したジャン=ピエール・ベルトワーズ(後に2人は結婚する)に会ったのをきっかけにモーターレーシングに興味を持つ。
16歳の時、母親のベスパを使った友達との競争をはじめた。
モータースポーツのキャリアの最初であった。
クラシック・ピアニストとしての訓練を受けていたが、カートに興味を抱いて1964年モンレリーのレーシング・スクールに入学した。
父親はレーサーになることに反対だったがセベールは夢を追い求めた。
その後、父は勘当したが実力をみて和解した。
兵役を終えた後、最初のシーズンはルノーエンジンを搭載するアルピーヌでF3に参戦したが、セットアップとカーメンテナンスの資金と経験がなかったためうまくいかなかった。