芸能人・経営者のおくやみ情報

ニコラス・ブルームバーゲン 氏Nicolaas Bloembergen

物理学者[オランダ→アメリカ]

(「レーザー分光学への貢献」によりノーベル物理学賞受賞)

2017年 9月5日 死去享年98歳

 - ウィキペディアより引用

ニコラス・ブルームバーゲン(Nicolaas Bloembergen, 1920年3月11日 - )は、アメリカ合衆国の物理学者。
1981年、アーサー・ショーロー (Arthur Leonard Schawlow) とともにレーザー分光学への貢献でノーベル物理学賞を受賞。
オランダ出身。
1941年にオランダのユトレヒト大学を卒業、1948年にライデン大学で博士号を受けた。
1949年からハーバード大学の研究生となり、1951年には準教授、1957年にはゴードン・マッケイ応用物理学教授の席についた。
その後、パリ大学、カリフォルニア大学バークレー校などの客員教授、1973年には母校であるライデン大学のローレンツ客員教授ととして招かれた。
2001年よりアリゾナ大学の教授を務めている。
ブルームバーゲンは、まず磁気共鳴において優れた業績をあげたが、特に物質中の不均一磁場の影響により広がった磁気共鳴スペクトルに飽和によるくぼみを作り、その回復の様子から緩和過程を研究した業績は有名である。