芸能人・経営者のおくやみ情報

アイルトン・セナ 氏Ayrton Senna da Silva

F1レーシングドライバー[ブラジル]

1994年 5月1日 死去レース中の事故享年34歳

アイルトン・セナ - ウィキペディアより引用

アイルトン・セナ・ダ・シルバ(Ayrton Senna da Silva, 1960年3月21日 - 1994年5月1日)は、ブラジルのレーシングドライバー。
F1世界選手権において、1988年・1990年・1991年と、計3度ワールドチャンピオンを獲得した。
F1史を代表するドライバーの1人とされ、多くの投票で「史上最高のF1ドライバー」や「史上最も影響力のあるF1ドライバー」に選出されている。
計65度のPP獲得数は、2006年にミハエル・シューマッハに更新されるまで歴代1位の記録であった。
アラン・プロスト、ネルソン・ピケ、ナイジェル・マンセルとは、1980年代から1990年代前半のF1を象徴する存在として、「四強」「ビッグ4」「F1四天王」などと纏めて呼ばれることもある。
特にプロストとの熾烈なライバル関係が知られ、日本では2人の争いが「セナ・プロ決戦」「セナ・プロ対決」などと呼ばれた。
異名には「Genius(天才)」「マジック・セナ」などがあり、若手時代には「ハリー」の愛称でも呼ばれた。
日本では、古舘伊知郎が名付けた「音速の貴公子」がよく知られている。
F1以前[編集] 出生・幼少期[編集] アイルトン・セナ・ダ・シルバは、サンパウロのサンタナ地区にあるプロマトレ産科病院で生まれた。
セナは地主で工場経営者でもある資産家ミルトン・ダ・シルバとその妻ネイジ・セナ・ダ・シルバの長男であり、姉のヴィヴィアーニと弟のレオナルドという姉弟がいた。
セナは人生の最初の4年間を母方の祖父ジョアン・セ ……

推定関連画像

アイルトン・セナさんが亡くなってから、30年と85日が経ちました。(11043日)