芸能人・経営者のおくやみ情報

ミヒャエル・ハイドンJohann Michael Haydn

作曲家[オーストリア]

1806年 8月10日 死去享年70歳

 - ウィキペディアより引用

『ヨハン・ミヒャエル・ハイドン』より : ヨハン・ミヒャエル・ハイドン(Johann Michael Haydn, 1737年9月14日 現ニーダーエスターライヒ州ローラウ - 1806年8月10日 ザルツブルク)は、オーストリアの古典派の作曲家。
フランツ・ヨーゼフ・ハイドンの5歳下の弟。
生誕地ローラウはウィーンの東約35kmにある。
年譜 1755年までウィーンのシュテファン大聖堂の聖歌隊で歌うかたわら、オルガン、ピアノ、ヴァイオリンを学ぶ。
1757年(20歳) ハンガリーのグロースヴァルダイン司教の楽長となる。
1763年(26歳) ザルツブルク大司教ジギスムント3世(Sigismund III. Graf von Schrattenbach, 1753年 - 1771年)の宮廷楽団の楽長に就任。
1771年(34歳) ジギスムント大司教の死に際して《レクイエム ハ短調》を作曲。
1777年(40歳) 聖三位一体教会のオルガニストとなる。
1781年(44歳) モーツァルトの後任として宮廷及び大聖堂オルガニストとなる。

関連作品