芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハン・シュトラウス1世Johann Strauss I

作曲家[オーストリア]

1849年 9月25日 死去享年45歳

 - ウィキペディアより引用

ヨハン・シュトラウス1世(ドイツ語: Johann Strauss I. (Vater)、1804年3月14日 - 1849年9月25日)は、オーストリア帝国のウィーンを中心に活躍した作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト。
ヨーゼフ・ランナーと「ワルツ合戦」と呼ばれる熾烈な競争を繰り広げたことで知られ、代表作には『ラデツキー行進曲』やワルツ『ローレライ=ラインの調べ』などがある。
生前は「ワルツ王」と呼ばれたが、死後には長男ヨハン・シュトラウス2世にその名は継承され、代わりに「ワルツの父」と呼ばれるようになった。
音楽一家としてのシュトラウス家の始祖であり、次男ヨーゼフ・シュトラウスや四男エドゥアルト・シュトラウス1世も音楽家になり、さらにはその子孫からも音楽家となる者が出た。
ヨハン1世の署名

関連作品

ヨハン・シュトラウス1世が亡くなってから、172年と26日が経過しました。(62849日)