芸能人・経営者のおくやみ情報

スブラマニアン・チャンドラセカール 氏Subrahmanyan Chandrasekhar

天体物理学者[インド→アメリカ]

1995年 8月21日 死去心不全享年86歳

 - ウィキペディアより引用

スブラマニアン・チャンドラセカール(Subrahmanyan Chandrasekhar、(タミル語: சுப்பிரமணியன் சந்திரசேகர்)、[ˌtʃʌndrəˈʃeɪkɑr] ( 音声ファイル)、1910年10月19日 - 1995年8月21日)は、インド生まれのアメリカの天体物理学者。
シカゴ大学教授。
王立協会フェロー。
1932年、白色矮星の質量に上限(チャンドラセカール質量)があることを理論的計算によって示し、恒星の終焉に関する「チャンドラセカール限界」を提唱した。

関連作品