芸能人・経営者のおくやみ情報

ケナン・エヴレン 氏Ahmet Kenan Evren

軍人、政治家、元大統領[トルコ]

2015年 5月9日 死去享年99歳

ケナン・エヴレン - ウィキペディアより引用

ケナン・エヴレン(トルコ語:Ahmet Kenan Evren、1917年7月17日‐2015年5月9日)は、トルコの政治家、軍人。
参謀総長在任時の1980年に軍事クーデター(9月12日クーデター)を起こし、第7代トルコ大統領に就任した。
経歴[編集] 1917年7月17日にマニサ県アラシェヒルに誕生する。
1936年にアンカラのマルテペ陸軍学校に入学。
1939年に砲兵少尉に任官された。
1940年に砲兵学校を卒業し、砲兵中隊指揮官を務めた後、1946年に軍事大学校に入学し、1949年に卒業した。
1958年に国連軍の将校として韓国に駐留。
1963年に准将、1974年に大将(オルゲネラル)に昇進した。
軍司令官を歴任して、1977年に陸軍総司令官、1978年3月に第17代参謀総長(統合参謀本部議長)に就任した。
左右対立で国内が内戦寸前になっていた1980年9月12日、軍部を率いてクーデターを起こし、事態を収拾できない公正党のデミレル内閣を倒して軍事政権を樹立。
議会の解散、政党活動の全面禁止、主要政治家の逮捕を行い、戒厳令を施行して国内の治安を回復した。
エヴレンは、軍政の最高機関として、軍首脳で構成される「国家保安評議会(Milli Güvenlik Konseyi)」を設立し、自ら国家保安評議会議長と、「国家元首(Devlet Başkanı)」を兼任して、軍事政権の最高権力者となった。
1982年11月7日、国民投票で90パーセントの支持を得て新憲法を制定し、その規定に従い2日後に文民として第7代トルコ大統領に就任した。
新憲法では、参謀総長 ……

関連作品

ケナン・エヴレンさんが亡くなってから、9年と75日が経ちました。(3362日)