芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール・トロワグロ 氏Pierre Emile René Troisgros

フランス料理シェフ[フランス]

(ヌーベル・キュイジーヌの巨匠)

2020年 9月23日 死去享年93歳

両親は小さなホテルとカフェを経営。パリに出て“リュカ・カルトン”で伝統的なフランス料理を学び、フェルナン・ポアンに師事、さらに“マキシム”で修業を積んだ。故郷に戻り、兄のジャンと共に家業を継ぐ。1955年ミシュランのレストラン・ガイドで一つ星を獲得。’65年二つ星、’68年三つ星に昇格。以来、自分達が作り上げた伝統の味を守り続け、長年に渡って受賞を続ける。’67年マキシム銀座店初代料理長として来日、日本におけるフランス料理の礎を築いた。世界中のフランス料理店のメニューに載る“ソーモン・オゼイユ”(サケの薄切りすいば風)の考案者としても知られる。’87年シェフとしては初めて、兄弟そろってレジオン・ド・ヌール勲章を受章。兄の死後は息子と共に腕をふるう。親日家。著書に「ロアンヌの料理人たち」がある。(参照元・日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」)

関連作品