芸能人・経営者のおくやみ情報

ルイ・ル・プランスLouis Aimé Augustin Le Prince

発明家[フランス]

(エジソンと同時期に映写装置を開発)

1890年 9月16日 死去享年49歳

 - ウィキペディアより引用

ルイ・エメ・オーギュスタン・ル・プランス(Louis Aimé Augustin Le Prince、1841年8月28日 - 1890年9月16日失踪)は、単レンズカメラを使い世界初の映画を撮影した発明家である。
1930年代から「映画の父」と呼ばれている。
フランス人だが、イギリスとアメリカ合衆国で活動し、画期的な仕事を成し遂げた1888年にはイングランドのリーズにいた。
1888年10月、(リーズの)ラウンドヘイの庭の場面とリーズ橋の場面 (Leeds Bridge) を単レンズカメラとイーストマンの紙フィルムを使い映像として撮影した。
これはリュミエール兄弟やトーマス・エジソンといった他の発明家より数年早い。
1890年9月16日、列車の中から奇妙な失踪を遂げたため、アメリカで計画していた一般向けデモンストレーションを実施できなかった。
彼の身体と荷物は見つからなかったが、約1世紀後、警察の記録の中にル・プランスと思しき溺死体の写真が発見された。
ル・プランスが失踪したことが原因ででトーマス・エジソンが映画の発明者と呼ばれるようになっていたが、現在ではル・プランスが「映画の父」と呼ばれ讃えられている。

関連作品