芸能人・経営者のおくやみ情報

タルコット・パーソンズ 氏Talcott Parsons

社会学者[アメリカ]

1979年 5月8日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

タルコット・パーソンズ(Talcott Parsons、1902年12月13日 - 1979年5月8日)は、アメリカの社会学者。
1927年から1973年まで、ハーバード大学で教鞭を執った。
コロラド州・コロラドスプリングス出身。
パターン変数、AGIL図式を提唱するなど、機能主義の代表的研究者と目された。
ニクラス・ルーマン、ロバート・キング・マートンなどと並び、第二次世界大戦後、最もよく知られた社会学者の一人である。
システム理論 パーソンズは社会一般に渡る一般理論の構築を目指した。
まずパーソンズは行為を行為システムと捉えるところから、出発している。
そしてその行為システムのサブシステムとして、文化システム、パーソナリティーシステム、社会システムなどを挙げている。
この中でも特に社会システムについて、有名な構造機能分析およびAGIL図式などの、独特な理論(=社会システム理論)を唱えたのである。
構造機能分析とは、社会システムを構造と機能に分けて分析したものである。
構造にあたるのは、社会システムの中でも変化に乏しい安定的な部分である。

関連書籍

「タルコット・パーソンズ」と関連する人物(故人)