芸能人・経営者のおくやみ情報

オデッセアス・エリティス 氏Odysseus Elytis

詩人[ギリシャ]

1996年 3月18日 死去享年86歳

オディッセアス・エリティス(Οδυσσέας Ελύτης, Odysseus Elytis, 1911年11月2日 - 1996年3月18日)はギリシアの詩人である。
本名、オディッセアス・アレプデリス(Odysseas Alepoudelis)。
レスヴォス島出身の両親のもと、クレタ島イラクリオに生まれ、アテネで育った。
アテネ大学とソルボンヌ大学に学び、1930年代からシュルレアリスムの影響を受けた詩作を行った。
1979年にノーベル文学賞を受賞している。
代表的な詩集として、『第一の太陽』(Ilios o protos、1943年)および『価値がある』(Axion esti、1959年)が挙げられる。
また、レスヴォス島ミティリニ国際空港が、彼に因んで「オディッセアス・エリティス」と命名されている。

関連作品

  • タイトル
    オディッセアス・エリティス詩集
    種別
    単行本
    著者
    • オディッセアス・エリティス
    • 東千尋
    出版社
    土曜美術社出版販売
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,300
    中古商品
    ¥2,680より

オデッセアス・エリティスさんが亡くなってから、25年と260日が経ちました。(9391日)