芸能人・経営者のおくやみ情報

マリー・プレヴォーMarie Prevost

女優[カナダ→アメリカ]

1937年 1月21日 死去急性アルコール中毒享年42歳

マリー・プレヴォー - 女優

マリー・プレヴォー (出生名・Marie Bickford Dunn) は、1896年11月8日、カナダ・オンタリオ州生まれの映画女優である。20年におよぶ彼女のキャリアで、サイレントと有声映画合わせ121本もの作品に出演した。彼女は、映画プロデューサーのマック・セネットに見い出され、1910年代後半に彼の製作するショートコメディーに多く出演した。1922年にはワーナー・ブラザースと契約し、映画監督エルンスト・ルビッチのお気に入りとなり、トップ女優として君臨するようになる。だが、1926年にワーナーとの契約が切れると、彼女の運勢は下向きになり始める。映画で主役ではなく脇役を務めることが多くなり、また彼女の母親が1926年に死去した。1924年に俳優のケネス・ハーランと結婚したが、その後関係が悪化し1929年に離婚している。彼女は鬱状態となり、暴飲暴食に走り、結果として、役者業を続けることが難しくなるほど太ってしまった。端役としてしかお呼びが掛からず、最後に映画に出演したのは1936年であった。長年の飲酒がたたり、1937年にハリウッドの地で急性アルコール中毒で亡くなった。

関連作品

マリー・プレヴォーが亡くなってから、86年と17日が経過しました。(31429日)