芸能人・経営者のおくやみ情報

フランク・ウィグルスワース・クラークFrank Wigglesworth Clarke

地球化学者[アメリカ]

1931年 5月23日 死去享年85歳

フランク・ウィグルスワース・クラーク(英語:Frank Wigglesworth Clarke、1847年3月19日 - 1931年5月23日)は、アメリカボストン出身の地球化学者。
地球化学と呼ばれる分野の創立者の一人として名高く、また地球上の地表付近に存在する元素の割合を火成岩の化学分析結果に基いて推定した結果を質量パーセントで表したクラーク数の由来でもある。
なお、クラーク数と名付けた人物はロシアの鉱物学者、地球化学者であるアレクサンドル・フェルスマンである。
主な業績として原子量の制定に貢献した。

フランク・ウィグルスワース・クラークが亡くなってから、90年と189日が経過しました。(33062日)

「フランク・ウィグルスワース・クラーク」と関連する故人