芸能人・経営者のおくやみ情報

ベルナール・クールトアBernard Courtois

化学者[フランス]

1838年 9月27日 死去享年62歳

ベルナール・クールトア(Bernard Courtois、1777年2月8日 - 1838年9月27日)は、フランスの化学者。
ヨウ素を1811年に発見した。
クールトアは陸軍で薬学を学んだ後、父親の硝石造りの仕事についた。
硝石の材料の海藻灰に酸を加えすぎてヨウ素の蒸気を発生させ、ヨウ素の結晶を得た。
友人であったフランスの化学者ニコラ・クレマン (Nicolas Clement) とシャルル・デゾルム(英語版) (Charles Bernard Désormes)にヨウ素のサンプルの分析を依頼し、発見の再確認後、1813年11月29日に2人がクールトアの業績を公開した。
ゲイ=リュサックにより蒸気の紫色にちなんでギリシャ語の紫「Iode」と命名された。
典拠管理 BNF: cb15588170r (データ) FAST: 1953119 GND: 117701254 ISNI: 0000 0000 8159 0946 LCCN: no2010130032 NTA: 326054677 SNAC: w6pv8m4x SUDOC: 103081666 VIAF: 79150235 WorldCat Identities: lccn-no2010130032 この項目は、科学者に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:人物伝/Portal:自然科学)。
「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=ベルナール・クールトア&oldid=81685284」から取得 カテゴリ: フランスの化学者化学元素発見者19世紀の自然科学者ディジョン出身の人物1777年生1838年没隠しカテゴリ: BNF識別子が指定されている記事FAST識別子が指定されている記事GND識別子が指定されている記事ISNI識別子が指定されている記事LCCN識別子が指定されている記事NTA識別子が指定されている記事S ……

ベルナール・クールトアが亡くなってから、183年と25日が経過しました。(66866日)