芸能人・経営者のおくやみ情報

アドルフ・オイゲン・フィックAdolf Eugen Fick

生理学者[ドイツ]

1901年 8月21日 死去享年73歳

 - ウィキペディアより引用

アドルフ・オイゲン・フィック(Adolf Eugen Fick, 1829年9月3日 - 1901年8月21日)はドイツの生理学者、物理学者、医師である。
1855年膜を通過する気体の拡散についてフィックの法則を導いた。
マールブルク大学で物理を学んだが、すぐに生理学に転向した。
1851年乱視の研究で学位を得る。
チューリッヒ大学で解剖学の教授になった。
1867年からヴュルツブルク大学で生理学の教授になった。

関連作品