芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフォンス・ミルヌ=エドワールAlphonse Milne-Edwards

鳥類学者博物学者[フランス]

1900年 4月21日 死去享年66歳

アルフォンス・ミルヌ=エドワール(Alphonse Milne-Edwards、1835年10月13日 - 1900年4月21日)はフランスの鳥類学者、甲殻類学者、博物学者である。
パリで生まれた。
父親は甲殻類の研究などでも知られる動物学者のアンリ・ミルヌ=エドワールである。
医学を学んだ後、父親の助手として働いた。
1865年にパリ高等薬学院(École de Pharmacie de Paris)の教授となり、1865年にパリ自然史博物館の鳥類学の教授となり、後に哺乳類・鳥類部門の長となった。
化石鳥類や深海の生物を専門とし、1891年に、自然史博物館の館長となった。
1880年から行われた、トラヴァイエ号(Travailleur)によるビスケー湾の深海調査に参加した科学者の一人で、1880年に動物学の成果の報告書、"Travailleur, Compte rendu sommaire d'une exploration zoologique faite dans le Golfe de Gascogne a bord du navire de l'Etat le Travailleuran" を執筆した。
その後もトラヴァイエ号とその後継のタリスマン号(Talisman)などによる各地の深海調査にかかわった。
この功績で1884年にフランス地理学会((Société de Géographie, France)のゴールド・メダルを受賞した。
鳥類学の分野では化石鳥類に関する著作、"Recherches anatomiques et paléontologiques pour servir à l'histoire des oiseaux fossiles de la France" (quatre volumes, 1867-1872)やマダガスカルの鳥類に関する著作、"Recherches sur la faune ornithologique éteinte des îles Mascareignes et de Madagascar" (1866-1874)などで知られる。
動物学の分野でもアルマン・ダヴィドが記載したジ ……

アルフォンス・ミルヌ=エドワールが亡くなってから、121年と223日が経過しました。(44418日)

「アルフォンス・ミルヌ=エドワール」と関連する故人