芸能人・経営者のおくやみ情報

フランツ・カール・ミュラー・リヤーFranz Carl Müller-Lyer

心理学者、社会学者[ドイツ]

1916年 10月29日 死去享年60歳

 - ウィキペディアより引用

フランツ・カール・ミュラー・リヤー(ドイツ語:Franz Carl Müller-Lyer、1857年2月5日 - 1916年10月29日)は、ドイツバーデン=バーデン出身の心理学者、社会学者。
出生名はフランシス・クサーヴァー・ヘルマン・ミュラー(Francis Xavier Hermann Müller)で、1889年にミュラー・リヤー錯視を考案したことで名高い。
ストラスブール大学、ライン・フリードリヒ・ヴィルヘルム大学ボン、ライプツィヒ大学で医学を学び、フンボルト大学ベルリンやウィーン大学、パリ大学、ロンドン大学で心理学と社会学を学んだ。
社会学の分野では「人類の発展段階」を著した(その一部「婚姻の諸形式」が岩波文庫に収録。
乱婚、集団婚、多夫婚、多妻婚、単一婚などを扱っている)。