芸能人・経営者のおくやみ情報

エルヴィン・クニッピングErwin Knipping

技師、航海士[ドイツ]

1922年 11月22日 死去享年79歳

エルヴィン・クニッピング(ドイツ語: Erwin Rudolph Theobald Knipping、1844年4月27日 - 1922年11月22日)は、プロイセン王国(現:ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州)クレーヴェ出身の技師、航海士。
明治時代初年に日本でお雇い外国人として来日し、1883年(明治16年)6月1日、日本で初めて天気図を作成し気象予報を行った。
また、当時の日本で気圧の単位として使われていた水銀柱インチを水銀柱ミリメートルに変更するよう提唱した人物でもある。

エルヴィン・クニッピングが亡くなってから、99年と310日が経過しました。(36470日)

「エルヴィン・クニッピング」と関連する故人