芸能人・経営者のおくやみ情報

ルートヴィヒ・ガッターマンLudwig Gattermann

化学者[ドイツ]

1920年 6月20日 死去享年61歳

ガッターマン反応(ガッターマンはんのう、Gattermann reaction)とは、有機合成反応の一種で、アルキルベンゼンやフェノール、フェニルエーテルなどの電子豊富な芳香環をホルミル化してアルデヒドを得る手法。反応名は開発者の L. Gattermann にちなむ。ガッターマン合成、ガッターマンホルミル化とも呼ばれる。

ルートヴィヒ・ガッターマンが亡くなってから、101年と170日が経過しました。(37060日)