芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョルジュ・ウィルソン 氏Georges Wilson

俳優[フランス]

2010年 2月3日 死去享年90歳

ジョルジュ・ウィルソン(Georges Wilson、1921年10月16日 - 2010年2月3日)はフランスの俳優。
来歴[編集] 1921年10月16日(10月7日とする資料もある)にシャンピニー=シュル=マルヌで生まれる。
父親はアイルランド系のミュージシャン。
ウィルソンという姓は、彼のアイルランド人の祖母の姓である。
大学入学資格を取ってから、ピエール・ルノワールについて演劇を学ぶ。
その後、国立民衆劇場に属し、『女の学校』や『アンチゴーヌ(フランス語版、英語版)』などの舞台に出演。
1952年に映画デビューし、1959年ごろから本格的に映画俳優として活躍した。
代表作に1961年の『かくも長き不在』などがある。
息子のランベール・ウィルソンも俳優となり、1989年にはランベールが主演した映画『La Vouivre』の監督を務める。
2010年2月3日、88歳で死去した。
主な出演作品[編集] 青い女馬 La Jument verte (1959) かくも長き不在 Une aussi longue absence (1961) タンタンとトワゾンドール号の神秘 Tintin et le mystère de la Toison d'Or (1961) 史上最大の作戦 The Longest Day (1962) 禁じられた抱擁 La Noia (1963) ベルサイユのばら Lady Oscar (1979) 女優マルキーズ Marquise (1997) 愛されるために、ここにいる Je ne suis pas là pour être aimé (2005) ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編 L'Ennemi public n° 1 (2008) 参考文献[編集] ^ a b Armelle Heliot (2010年2月4日). “Georges Wilson, un grand roi du théâtre” (英語). Le Figaro. htt ……

推定関連画像

ジョルジュ・ウィルソンさんが亡くなってから、14年と167日が経ちました。(5281日)