芸能人・経営者のおくやみ情報

誠拙周樗(せいせつしゅうちょ)

・臨済宗、歌人[日本]

(文政3年6月28日示寂)

1820年 8月6日 死去享年76歳

誠拙周樗(せいせつ しゅうちょ、延享2年6月29日(1745年7月28日)- 文政3年6月28日(1820年8月6日))は、江戸時代中期から後期にかけての臨済宗の僧・歌人。
伊予国の出身。
無用道人と号し、諡号は大用国師。
鎌倉円覚寺仏日庵の東山周朝に師事してその法を継ぎ、1783年(天明3年)円覚寺前堂首座に就任した。
晩年は京都相国寺に移っている。
和歌を香川景樹に学び、歌集に「誠拙禅師集」がある。
典拠管理 NDL: 00416076 VIAF: 254142222 WorldCat Identities: viaf-254142222 この項目は、文人(小説家・詩人・歌人・俳人・著作家・作詞家・脚本家・作家・劇作家・放送作家・随筆家/コラムニスト・文芸評論家)に関連した書きかけの項目です。
この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJ作家)。
「https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=誠拙周樗&oldid=79738461」から取得 カテゴリ: 日本の禅僧 (臨済宗)江戸時代の僧江戸時代の歌人18世紀の歌人19世紀の歌人伊予国の人物1745年生1820年没隠しカテゴリ: NDL識別子が指定されている記事VIAF識別子が指定されている記事WORLDCATID識別子が指定されている記事文人関連のスタブ

関連作品

「誠拙周樗」と関連する故人