芸能人・経営者のおくやみ情報

フィリップ・アンダーソン 氏Philip Warren Anderson

物理学者[アメリカ]

(1977年ノーベル物理学賞受賞)

2020年 3月29日 死去享年98歳

 - ウィキペディアより引用

フィリップ・ウォーレン・アンダーソン(Philip Warren Anderson、1923年12月13日 - )は、アメリカの物理学者。
プリンストン大学教授。
インディアナポリスで生まれ、イリノイ州のアーバナで育つ。
ハーバード大学でジョン・ヴァン・ヴレックの元で学んだ。
1949年から1984年まで、ニュージャージー州のベル研究所に勤務し、物性物理学を研究。
1967年からケンブリッジ大学教授、1984年からプリンストン大学教授を務めた。
1977年、ネヴィル・モット、ヴァン・ヴレックとともにノーベル物理学賞受賞。
2006年、ホセソレルによる、論文の引用数を基にした統計的研究において、世界で最も創造的な物理学者であるとされた。
主な業績 超交換相互作用(磁性) アンダーソン模型(磁性) アンダーソン局在 エドワーズ・アンダーソン理論(スピングラス) RVB(超伝導) 著書 Concepts in Solids ISBN 9810231954 Basic Notions of Condensed Matter Physics ISBN 0201328305 The Theory of Superconductivity in the High Temperature Cuprates ISBN 0691043655 日本との関わり 1953年には、国際理論物理学会東京&京都で来日した。