芸能人・経営者のおくやみ情報

ダニエル・アラップ・モイ 氏Daniel Toroitich Arap Moi

政治家、元大統領[ケニア]

2020年 2月4日 死去享年97歳

 - ウィキペディアより引用

ダニエル・トロイティッチ・アラップ・モイ(Daniel Toroitich Arap Moi, 1924年9月2日 - )は、ケニア第2代大統領。
1978年10月から2002年12月まで在職。
ケニア・アフリカ民族同盟 (KANU) 所属の政治家であったが、2002年12月に政界引退。
1978年、初代大統領ジョモ・ケニヤッタの死亡に伴い、副大統領から昇格。
KANU一党独裁体制のもと、5選・24年間の長期政権を維持する。
その統治は強権的なものであり、独裁批判の絶えることは無かった。
少数民族カレンジン族の出身であり、自民族を優遇しキクユ族等多数派を冷遇。
また反体制派を多数弾圧投獄した。
長期にわたる独裁体制及び政情不安のため、経済が停滞。
そのため不満の声が高まり、1992年に複数政党制を認めざるを得なくなる。
しかし、野党勢力は有力な人物を欠き、統一することができなかったため、民主化後も当選を重ねる。
2002年、高齢のため引退を表明。
後継の大統領候補にウフル・ケニヤッタ(ケニヤッタ初代大統領の息子)を指名するも、与党内からも反発が大きく、選挙ではムワイ・キバキに敗れた。

関連商品