芸能人・経営者のおくやみ情報

山川方夫(やまかわまさお)

作家[日本]

1965年 2月20日 死去交通事故享年36歳

 - ウィキペディアより引用

山川 方夫(やまかわ まさお、本名:山川 嘉巳、1930年(昭和5年)2月25日 - 1965年(昭和40年)2月20日)は日本の小説家。
本名嘉巳。
東京都生まれ。
慶應義塾大学仏文科卒。
父は日本画家山川秀峰。
「三田文学」を編集。
その後自らも筆を執り、『日々の死』『その一年』『海岸公園』などの短編集を発表。
繊細で都会的な作風によって、敗戦後の青春と死の不条理を自伝的に描いた。
『お守り』の翻訳が米「LIFE」誌に掲載されるなど将来を嘱望されたが、交通事故により34歳で死去。
没後『愛のごとく』などが出版された。
ショート・ショートでも活躍し、『お守り』のほか、国語教科書に採用されることの多い『夏の葬列』がとりわけ知られている。

関連作品