芸能人・経営者のおくやみ情報

ハインリッヒ・エドムント・ナウマンHeinrich Edmund Naumann

地質学者[ドイツ]

1927年 2月1日 死去享年74歳

 - ウィキペディアより引用

ハインリヒ・エドムント・ナウマン(Heinrich Edmund Naumann、1854年9月11日 - 1927年2月1日)は、ドイツの地質学者。
いわゆるお雇い外国人の一人で、日本における近代地質学の基礎を築くとともに、日本初の本格的な地質図を作成。
またフォッサマグナを発見したことや、ナウマンゾウに名を残すことで知られる。

関連作品

ハインリッヒ・エドムント・ナウマンが亡くなってから、94年と310日が経過しました。(34644日)

「ハインリッヒ・エドムント・ナウマン」と関連する故人