芸能人・経営者のおくやみ情報

モハメド・アン=ヌメイリ 氏Gaafar Muhammad an-Numeiry

軍人、政治家、元大統領[スーダン]

2009年 5月30日 死去享年80歳

モハメド・アン=ヌメイリ - ウィキペディアより引用

ジャーファル・ムハンマド・アン=ヌメイリー(アラビア語: جعفر محمد النميري, ラテン文字転写: Gaafar Muhammad an-Numeiry, 1930年1月1日 - 2009年5月30日)は、スーダンの軍人、政治家。
同国の革命評議会議長、大統領(第3・5代)、首相(第9・11代)などを歴任した。
経歴[編集] 左からヌメイリ、ナセル、カダフィ(1969年) スーダンの首都ハルツーム近郊オムドゥルマンのワド・ヌバウィ出身。
父は郵便職員で曾祖父はドンゴラのワド・ヌメイリーの族長である。
1952年にスーダン軍事大学を卒業し、そこで同年にエジプトで権力を握るガマール・アブドゥン=ナーセルの自由将校団の影響を受けた。
1966年ヌメイリはカンザス州のアメリカ陸軍のレヴンワース基地のアメリカ陸軍指揮幕僚大学を卒業した。
3年後ヌメイリーはイスマイール・アル=アズハリーの文民政権を倒す軍事クーデタを指揮し、権力を握った。
ヌメイリーは社会主義かつ汎アラブ主義的改革を行った。
1970年にはサーディク・アル=マフディーによるクーデターを防いだ。
同年9月にエジプトのナセル大統領が死去すると同国を訪問。
弔問外交の場でナセル後のアラブ政策を検討するためにアラブ首脳会議の開催を呼び掛けるなど、アラブ諸国に存在感を示した。
1971年7月18日から22日の短期間アッタ少佐率いる共産主義者に権力を奪われるも回復して閣僚のジョセフ・ガランらスーダン共産党員を処刑してソ連の軍事顧問を ……

推定関連画像

モハメド・アン=ヌメイリさんが亡くなってから、15年と53日が経ちました。(5532日)