芸能人・経営者のおくやみ情報

コンスタンス・メイエConstance Mayer

画家[フランス]

1821年 5月26日 死去自殺享年47歳

コンスタンス・メイエ(Constance Mayer)は、18世紀末から19世紀初頭にかけて活躍したフランスの画家兼彫刻家でした。彼女は1775年にフランスのルーアンで生まれ、フランス革命期に芸術活動を始めました。メイエは若くして絵画の才能を示し、パリに移り住んで画家としてのキャリアをスタートさせました。彼女はジャック=ルイ・ダヴィッドなどの著名な画家から指導を受け、特に肖像画や風景画を得意としました。彼女の作品は繊細なタッチと感情表現によって高く評価され、フランスの芸術界で注目を浴びました。彼女はまた、彫刻でも優れた才能を発揮しました。メイヤーは大理石や粘土を使用して立体作品を制作し、その技術と創造力が称賛されました。彼女の彫刻作品は人物像や神話をテーマにし、独自のスタイルで繊細さと力強さを融合させていました。メイエは当時の芸術界で成功を収めましたが、女性であることがハンディキャップとなり、公式の展覧会への参加機会は制限されていました。それにもかかわらず、彼女は私的なサロンで作品を展示し、個人の顧客からの注文で生計を立てました。しかし彼女は、恋愛関係にあった画家のジョセフ・ベンジャミン・ヴィクトール・デュモニーが彼女を見捨てるという出来事に直面し、絶望に打ちひしがれたようです。1821年にメイエは、自宅で自殺しました。

コンスタンス・メイエが亡くなってから、203年と18日が経過しました。(74164日)