芸能人・経営者のおくやみ情報

河越重頼(かわごえしげより)

武将[日本]

(文治元年11月12日没)

(ユリウス暦) 1185年 12月5日 死去誅殺

 - ウィキペディアより引用

河越 重頼(かわごえ しげより)は、平安時代末期の武蔵国入間郡河越館の武将。
新日吉社領である河越荘の荘官。
源頼朝の命令で源義経に娘(郷御前)を嫁がせたことから、源氏兄弟の対立に巻き込まれ、誅殺された人物である。
桓武平氏の流れを汲む秩父氏の一族。
秩父党の総領家が代々受け継いできた「武蔵国留守所総検校職」にあり、武蔵国の軍事統率権を有する同国の最大勢力であった。
妻は源頼朝の乳母・比企尼の次女(河越尼)で、源頼家の乳母。

関連作品