芸能人・経営者のおくやみ情報

デレック・ウォルコット 氏Derek Alton Walcott

詩人、劇作家[セントルシア]

2017年 3月17日 死去享年88歳

デレック・ウォルコット - ウィキペディアより引用

デレック・オールトン・ウォルコット(Derek Alton Walcott, 1930年1月23日 - 2017年3月17日)はセントルシア出身の詩人、劇作家。
1992年、カリブ海諸国出身者として初めてノーベル文学賞を受賞。
経歴[編集] 当時イギリス領だったセントルシアのカストリーズに生まれる。
父方はイギリス系、母方はオランダ系・アフリカ黒人の血を引いている。
18歳で初めて詩集を発表。
西インド諸島大学を卒業後、ニューヨークで演劇を学び作劇にも進出、トリニダッド・シアター・ワークショップを設立した。
2007年までボストン大学の教授を務めた。
2010年、英国のエセックス大学教授に就任した。
2008年、初の単著の邦訳『オデッセイ』が刊行された。
邦訳[編集] 『デレック・ウォルコット詩集』徳永暢三編訳 小沢書店 双書・20世紀の詩人 1994 『アンティール諸島 叙事詩的な記憶の断片 1992年ノーベル賞受賞記念講演』磯田久恵訳 下田出版 2004 『オデッセイ』谷口ちかえ訳 国書刊行会 2008 作品[編集] 『二十五篇の詩』(1948年) 『青春への墓碑銘』(1949年) 『詩篇』(1951年) 『緑の夜に 1948-1960』(1962年) 『漂流者その他の詩篇』(1965年) 『メキシコ湾その他の詩篇』(1969年) 『もう一つの生』(1973年) 『浜辺葡萄』(1976年) 『カイニットの王国』(1979年) 『詩選集』(1981年) 『幸運な詩人』(1981年) 『カリブ海の詩篇』(1983年) 『真夏』(1984年) 『全詩集 1948-1984』(1986年) 『アーカンソー州への証言 ……

推定関連画像

デレック・ウォルコットさんが亡くなってから、7年と130日が経ちました。(2687日)