芸能人・経営者のおくやみ情報

エドゥアール・ラルテÉdouard Lartet

人類学者[フランス]

1871年 1月28日 死去享年71歳

 - ウィキペディアより引用

エドゥアール・ラルテ(Édouard Lartet、1801年4月15日 - 1871年1月28日)は、フランスの地質学者・考古学者・人類学者・古生物学者。
旧石器時代の考古学の先駆者であった。
フランスのカステルノ・バルバラン(英語版)に生まれる。
1834年にオーシュ近郊での化石遺跡の最初の発見をした。
1856年にドリオピテクスの下顎骨を発見。
1860年に中部フランスのオーリニャック洞窟を発掘・調査した。
クロマニョン人を発見した、地質学者のルイ・ラルテ(英語版)の父親である。

「エドゥアール・ラルテ」と関連する故人